さまざまな働き方ができるITエンジニア

ITエンジニアとして役割を果たすには、いくつかの方法があります。例えば、SES契約という業務委託契約を結びながら受注側の社員のような形で働く方法があります。SES契約とは、システム・エンジニアリング・サービスの略で、客先に常駐しながら働く派遣契約に類似したものです。基本的にエンジニアへの指揮権は受注側にあり、契約内容に注意すれば無理な働き方をせずに済むというメリットがあります。そして、発注側の企業としては必要なエンジニアを確保できるというメリットがあります。

しかし、SES契約には賃金が低いことや案件によって勤務先が変わるというデメリットもあります。そのため、フリーランスになるも視野に入れることでさらにITエンジニアとしての仕事の幅を広げることができます。フリーランスには、時間の自由度が比較的高いことや、業務やスキル次第で高収入が見込めるといったメリットがあります。さらに、中抜きを防止できることや上司や部下の関係がなくなることで人間関係でのストレスが減るという利点もあります。

その一方で、人材サービスを利用して派遣のエンジニアとして働く方法もあります。派遣として働くことでさまざまな会社で経験を積むことができ、多くのスキルを実務で得ることが可能です。その他にも、人脈を広げることができるのも派遣の魅力です。自分のキャリア形成に合わせてどのような働き方を選べばITエンジニアとしての役割を果たせるのか、満足のいく働き方になるのか情報を集めて見極めて選択していくことが大切です。まずは人材サービスとフリーランスのようなサイトでさまざまある働き方の違いを知っていくことから始めてみてはいかがでしょうか。